1. 受注を獲得できます。

2. 新技術・新製品をPRできます。


3. 多数のメディア・プレスも注目!

本展は商談のための展示会です!

下記のプロパティおよびコンテンツを取扱う企業・団体・個人

エンターテイメント体感ソリューション
● VR・AR・MR、体験型シミュレーター
● 五感拡張ソリューション 

インタラクティブ技術
● 双方向コンテンツ
● 音声・感情認識
● 視線追跡
● ジェスチャーコントロール
● モーションキャプチャー

高臨場感映像技術
● 3Dディスプレイ・ホログラム
● ヘッドマウントディスプレイ
● ウェアラブルディスプレイ
● 360°ディスプレイ・カメラ
● 超高精細ディスプレイ
● 4K/8Kディスプレイ・カメラ
● プロジェクションマッピング

高臨場感音響、立体音響
● ロボット技術
● エンターテイメントロボット
● コミュニケーションロボット
● ヒューマノイドロボット
● アプリケーション
● AI

3Dプリンタ、立体造形、フィギュア
● 3Dプリンタ
● 3Dスキャナ
● 3D撮影カメラ

先端素材・デバイス・システム
● 各種センサ・システム
 (五感、速度、温度、生体・位置情報など)
● 特殊素材・各種デバイス

・・・など

 

下記業種・部門の方 

メディア
● TV、映画、アニメ、ゲーム、音楽、 出版、新聞

制作会社、クリエイター
レジャー施設、エンターテイメント

● 遊園地、テーマパーク、博物館、美術館、 水族館、ゲームセンター、パチンコ、 商業施設


企業、団体
● マーケティング、宣伝・販促・広報部門、 商品企画部門

コンテンツ配信事業者
広告代理店

・・・など

 

(アンケートより一部抜粋)

(株)しのびや.com
VR

オリジナルVRコンテンツ、VR体験用モーションシートを出展。リゾート施設、ゲームセンター、メーカーの研究開発部門など10件の引合いがあり、1,500万円の受注見込み。

共栄エンジニアリング(株)
次世代高臨場感オーディオ

新規客開拓と新技術の展示を目的に毎年出展。電機・音響メーカーやクリエイター、新規販路をはじめさまざまなジャンルの方と商談。年間で1,000万円の受注見込み。

(株)南国ソフト
VR・MR技術/触覚・力覚拡張ソリューション

製造業・建設業・メディアなどさまざまな業種を中心に30件ブースで商談。すでに数件の具体的な案件が進行中。大型システム受注にもつながりそうで、数千万円の受注を見込む。

(株)クリーク・アンド・リバー社
VR技術・コンテンツ/ヘッドマウントディスプレイ(HMD)

毎年出展。メーカー・建築・通信など、さまざまな業種と安全研修・教育研修用のVR制作などについて商談。会期後、受注を獲得した案件も含め、60件の商談が進行中。

次回(2019年)は46,000名※を動員します!

※同時開催展を含む合計見込み数

事務局では、独自の来場動員活動を徹底して行います。

■ 約68万枚の招待券を送付
■ VIP特別招待制度により、特に重要な顧客を招待
■ 直接訪問・電話で来場を促進
■ 国内外の有力媒体に広告・記事を掲載
■ リード ジャパンが開催する215本の展示会来場者から有力ライセンシーなどに86万件のメールを配信 

本展では、TV・新聞・Web媒体・専門誌などのメディアに向けて、展示会や出展社の皆様の出展情報を配信。
多数の報道関係者が来場します。

2018年 来場メディア (一部抜粋)

■ 日本放送協会
■ 日本経済新聞
■ 週刊ダイヤモンド
■ 日本テレビ放送網
■ 毎日新聞
■ 日経×TECH
■ TBSテレビ
■ 読売新聞 

■ 日経トレンディ
■ フジテレビジョン
■ 日刊工業新聞
■ 週刊アスキー
■ テレビ朝日
■ 共同通信
■ 宣伝会議
■ テレビ東京 

■ 時事通信
■ マイナビニュース
■ 朝日新聞
■ ロイター通信
■ オリコンニュース
■ 産経新聞
■ ブルームバーグ
■ 週刊エコノミスト 

・・・など